脱毛中のケアを知っておきましょう

脱毛サロンだとアフターケアに、冷却を行なってくれたり、保湿してもらえます。

 

このように施術後ののアフターケアには、アイシングと保湿が大切。

 

脱毛をしたその後は、肌は熱を帯びている状態です。光脱毛に関してはそんなに熱をもっていませんが、クリニックの脱毛の場合出力の高さから施術後赤くなる場合もあるほど熱もっていることもあります。

 

この赤みをそのままにしておくと炎症の原因となりかねませんので、赤みが収まるまでよくアイシングする様にします。

 

 

最新のものでは、機器そのものにアイシング機能が装備されているものも生まれており、時間を著しく省略することが出来るようになりました。

 

脱毛した後にサロンスタッフから入浴などの日常生活で注意すべきポイントの説明がなされるはずなのでしっかり指示を聞いておきましょう。

 

脱毛中のセルフケア

脱毛中のセルフケアで大事になってくるのは、保湿。
いつも以上に肌を乾燥からガードしておくことが肝心になってきます。
潤いのある肌と乾燥肌は脱毛のダメージが全く違って、あまりにも乾燥していると施術を断られる可能性もあります。
脱毛サロンには、自社で作っている化粧水などを売っていることもありますの、それを使っても構いませんが基本的いつも使っているもので事足りると思います。

 

更に、脱毛に通っている間は剃刀など、肌への刺激をもたらすものは利用しないほうがイイでしょう。剃刀負けで表皮を傷つけてしまうと、施術できなくなってしまうこともあります。また、毛を抜くと、次の脱毛で処理するムダ毛がなくなりますので、使用しないように気を付けてください。
脱毛している間のセルフケアは、シェーバーが最適です。シェーバーならば剃刀と比べて肌への負担が少ないですし、万一のときも安心です。

 

日焼け止めは必需品!

脱毛に通っている間は、日焼けに注意しなければなりません。
レーザー脱毛光脱毛ともに、ムダ毛の色素となるメラニンに反応させながら行います。メラニンというのはメラノサイトと呼ばれる細胞によって生成されるます。紫外線を浴びると、カラダを保護する為、このメラノサイトが盛んに活動しだします。そうなると、メラニンが多量に生成され、肌が黒くなってしまいます。
よって、脱毛の光がムダ毛でなく肌に反応し、火傷を負うリスクがあるわけです。更に、照射対象が分散してしまうので、効果は落ちてしまいます。

 

こういった理由で日焼けをすると施術を断られる可能性もあります。日焼けをおこなう場合は、施術を全部完了してからにしましょう。

関連ページ

部位別に違うムダ毛の毛周期
鹿児島の脱毛サロンを徹底調査!おすすめのサロンをランキングにしてみました。これから鹿児島で脱毛をはじめる方は要チェック
脱毛を始めるのに最適な時期は?
脱毛中に注意しておかなければいけない点、セルフケア・アフターケアをご紹介します